永久脱毛の痛み、本当のところはどれくらい?気になる真相に迫る!

永久脱毛を検討している人にとって、不安に思うことの第一位に挙げられるのが脱毛時にどのくらい痛みがあるのか、ということではないでしょうか。レーザーや光脱毛は比較的痛みが少ない永久脱毛の方法とは言いますが、やはり不安なものです。

 

 

 

実際口コミなどを見ても、痛かったという人もいればそうでもなかったという人もおり、一体どの情報が本当なのかわからなくなってしまいますよね。今回はそんな永久脱毛時の痛みについて、包み隠さず真相に迫っていきたいと思います。これから永久脱毛を考えている方は、是非参考にしてください。

永久脱毛の痛みは脱毛方法による!?

 

一口に永久脱毛と言っても、現在行われているものは大きく分けて3つの方法があります。それぞれ方法や施術内容が異なるため、痛みにも差があります。

光脱毛

脱毛サロンなどでできる光脱毛。エステも全国各地にあり、価格的にも施設の数的にも、最も手が出しやすい永久脱毛の方法なのではないでしょうか。光脱毛は毛根に光を当てることでダメージを与え、毛乳頭を破壊し毛を生えなくしていく永久脱毛の方法です。

 

 

 

光脱毛をする機械は医療従事者でなくても扱うことができるよう、光の出力が低めに設定されています。なので脱毛完了まではやや時間がかかると言われていますが、痛みなどは現在の脱毛技術の中では最も小さいと言われています。肌を軽くゴムで弾かれた程度の痛みというのは、光脱毛の施術に当てはまる痛さです。

レーザー脱毛

光脱毛と同じく、最近主流となっている永久脱毛の方法であるレーザー脱毛。施術の内容自体は光脱毛と同じですが、一般的にはレーザー脱毛の方が痛みが強くなると言われています。その理由は、光の照射力の差です。

 

 

 

レーザー脱毛は光脱毛よりも、強い光を照射することができます。そのため効果が出るのも早いと言われていますが、毛根に与える刺激も大きくなるため痛みも強くなります、ただしレーザー脱毛は医療機関で行う施術になるため、麻酔などの処置をしてくれるところがほとんどです。別途で料金を取られることになりますが、そういったもので痛みを軽減することもできます。

針脱毛

別名ニードル脱毛とも呼ばれるこの脱毛方法。光脱毛やレーザー脱毛が登場する前は、永久脱毛といえばこの針脱毛しか方法がありませんでした。針脱毛は、毛穴に針を刺し電流を流すことによって、毛が生えてくる細胞を破壊していくという脱毛方法になります。

 

 

 

毛穴に針を刺すだけあって、脱毛方法の中でも最も痛みが伴う施術になります。効果もその分高いですが、痛みがかなり強く値段もお高めになるため、最近では施術を行うクリニックも少なくなってきているようですね。

部位によっても永久脱毛の痛みは異なる

 

脱毛方法によって痛みは異なるということを説明してきましたが、実は永久脱毛をする部位によっても痛みに差があると言われています。なので光脱毛だからそんなに痛くないだろう…と油断して施術に臨んだら、想像以上に痛かったということもあります。ここでは部位別に、永久脱毛の痛みについて解説をしていきます。

あまり痛みを感じない部位

一般的に永久脱毛の際、あまり痛みを感じないと言われている部位は胸や腹、背中、お尻といった部分のようです。お気づきの方もいるかもしれませんが、どこも比較的脂肪が多くついている箇所になります。他にもあごや頬、ひじ上などもあまり痛みを感じないと言われています。

 

 

 

脂肪がついている場所や、毛があまり密集しておらず、なおかつあまり濃くない部分は痛みが少なくて済むようですね。

やや痛みを感じる部位

ひじ下や脚全体、うなじなどは、やや痛みを感じる人が多いようです。また範囲は狭いですが、鼻下や手や足の指なんかも、意外と痛みを感じる部位だそうです。また永久脱毛を行う人が多い部位の一つであるワキも、やや痛みを感じる部位に挙げられます。皮膚のすぐ下に骨があったり、脂肪が少ない部位は、例え毛が少なくてもやや痛むようですね。

 

 

 

耐えられないほど痛いということはないようですが、レーザー脱毛などになってくるとかなり痛かった、という人も。毛の濃さにバラつきが出る部位でもあるので、人によって痛みが異なるのでしょう。毛が濃い人ほど機械の光の出力が上がるため、痛みも大きくなってきます。

かなり痛む部位

永久脱毛の中でもかなり痛む部位として知られているのは、Vラインを中心としたデリケートゾーンと呼ばれる場所です。特に最近流行っているIラインやOラインの脱毛は、毛が濃く密集して生えている箇所にもかかわらずデリケートな粘膜が近いということもあり、かなり痛みを伴うようです。

永久脱毛の痛みは軽減できる?

 

永久脱毛をしたいけれど痛む部位ならば勇気が出ない…という人もいるかと思いますが、諦めてしまうのはまだ早いです。永久脱毛の痛みは、場合によっては軽減できる可能性もあります。

光の出力を下げる

光の出力を下げると、痛みは軽減します。ただし脱毛の効果も減ってしまうので、痛いからとあまり下げすぎるのも、脱毛の観点から言うと良くありません。予想以上に脱毛に通う回数が多くなってしまう可能性があるので、出力を下げる際にはスタッフさんとよく相談してみましょう。

麻酔をしてもらう

これはクリニックで行うレーザー脱毛でしか行えませんが、麻酔をして痛みを軽減することができますクリーム麻酔笑気麻酔の二つが主に使われており、痛みが強い箇所の施術をする際は麻酔を使う人が多いようです。ただし施術の費用とは別に、麻酔の料金がかかってきます

肌が敏感になっている時期は避ける

生理前など肌が敏感になっている時期は、施術の際に痛みを感じやすいです。また冬場で肌が乾燥していたりすると、普段はなんともないのに、痛みが出る場合もあります。なので脱毛をする際は生理の前後や肌荒れしている時期は避け、施術をしてもらうようにしましょう。

永久脱毛はできるだけ痛みが少ない状態で施術を

痛みで脱毛を断念する人も

麻酔はお金がもったいない、光を弱めると脱毛の効果が…と考え、永久脱毛の施術中は痛みを我慢する人が多いです。しかしやはり毎回かなりの痛みを伴う施術を受けていると、段々と脱毛に行くのが嫌になってしまい、結局中途半端な状態でサロンやクリニックに行くのをやめてしまった…という人も多いです。

 

 

 

折角やり始めた脱毛、途中で終わってしまうというのは非常にもったいないです。これ以上の痛みには耐えきれないと思ったら、すぐに施術をしてくれているスタッフさんに相談してみましょう。永久脱毛の途中で痛みを訴える人は決して少なくないため、脱毛のプランやスケジュールなどを、しっかり考えて直してくれるはずです。

少しずつ痛みがなくなっていく場合がほとんど

永久脱毛は施術を重ねるにつれ、痛みが少なくなっていくと言われています。この理由はなにも痛みへの慣れだけではなく、毛の量が少なく薄くなっていき、残っている毛自体も細くなっていくので、施術の回数を重ねるごとに痛みが小さくなっていくようです。少しずつ痛みが少なくなっていくのだと考えると、現状が多少痛くても我慢しようという気持ちにもなりますよね。

まとめ

 

永久脱毛と痛みの関係について、施術の内容から部位別の痛み、痛みの軽減の仕方などをまとめて紹介してきました。色々と永久脱毛の痛みについて説明してきましたが、脱毛時の痛みにはもちろん個人差があります。また各サロンやクリニックで使用する機械などによっても、痛みの出方は異なってくるようです。

 

 

 

カウンセリングなどは無料で行ってくれる施設も多いので、まずはそういったものでお試ししてみることを良いでしょう。自分が痛みに耐えられそうかということや、脱毛する箇所によってどのような施術の内容を選ぶのか、よく考えてから永久脱毛は行いましょう。

比較ランキング

永久脱毛コラム