永久脱毛、本当にやっても大丈夫?永久脱毛の安全性を徹底検証!

レーザー脱毛光脱毛が脱毛の主流となってきた近年、永久脱毛にかかる費用もぐっと下がってきて、私たちにとっても身近なものになりました。

 

 

 

日頃のムダ毛の処理に悩んでいる方は自分も永久脱毛を、と考える人も多いかと思いますが、レーザーや光脱毛はまだ確立してから歴史が浅いため、安全性という面に関して不安に思っている人も多いかと思います。今回は永久脱毛の安全性について、あらゆる観点から徹底解説していきます。

永久脱毛は安全性が保障されている?

リスクはある

近年非常に手軽に行えるようになった永久脱毛。ムダ毛処理にお悩みの方はやってみたいと思う方も多いようですが、まずは全くリスクがないわけではないということを理解しておきましょう。

 

 

 

もちろん基本的に安全なため、広くエステやクリニックで施術が行われていることは確かです。しかし体質や肌の状態によってはなにかしらのトラブルが出てしまう可能性は否めません

永久脱毛のリスクや注意点を理解しておけば防げるものがほとんど

永久脱毛に関するトラブルは確かに存在しますが、そのリスクや注意点などを理解しておけば防げるものがほとんどです。でなければ永久脱毛がここまで広く、世の中に浸透するはずがありませんよね。多くの人がきちんと永久脱毛をできているからこそ、ここまで脱毛の市場は大きくなっているのです。

 

 

 

永久脱毛の安全性は、自らの脱毛に関する理解や施設の選び方などでしっかりと確保することができます。なのであらかじめ、永久脱毛に関する安全性の理解を深めておくようにしましょう。

永久脱毛の安全性とリスク

 

まずは永久脱毛の安全性とリスクについて、説明をしていきたいと思います。一体永久脱毛にはどのようなリスクがあるのでしょうか。

火傷を引き起こしてしまう

光脱毛もレーザー脱毛も、脱毛の方法としては毛乳頭と呼ばれる箇所に光を照射し、そこを破壊することで毛が生えない状態にしていくという施術になります。光と書いていますがつまりは熱で破壊しているということなので、火傷のリスクはゼロではありません。

 

 

 

サロンやクリニックで使われる機械は、基本的には毛の黒い色に反応しそこにピンポイントに熱を加えるものになっています。なので体感としてはパチッとゴムで肌を弾かれたような軽い痛みしかないですが、場合によっては炎症などになってしまう場合もありま

毛嚢炎のリスク

脱毛の光を照射したせいで肌のバリア機能が傷つき、そこに雑菌が入り込むことで毛嚢炎と呼ばれるニキビのような発疹がでてしまうことがあります。これは特に蒸れやすいワキの下や、デリケートゾーンなどで注意が必要になります。

 

 

 

基本的には自然治癒する炎症ではありますが、悪化すると痛みなどが出てくる場合もあるため注意が必要です。

逆に毛が太くなってしまう

永久脱毛をしたにもかかわらず、逆に毛が太くなってしまうという事例もあることをご存知でしたか?硬毛化と呼ばれる現象であり、産毛などの細い毛が太くて濃い毛になってしまうことを指します。

 

 

 

産毛などは色素が薄いため、光を照射してもうまく毛乳頭を破壊することができません。中途半端に光を照射した結果、逆に毛穴を活性化してしまい、それまで細い産毛しか生えてこなかった毛穴から太く濃い毛が生えてくるようになってしまうのです。顔の産毛などの脱毛が難しいと言われている理由は、こういった現象があるからなんですね。

永久脱毛の安全性を得るためには

 

永久脱毛のリスクについて説明してきましたが、これで永久脱毛を諦めてしまうのはもったいないです。前述しましたが、永久脱毛はリスクや注意点などを理解しておけば、防げるものがほとんどなんです。ここからは永久脱毛で安全性を得るためにはどうしたらいいのか、その方法を紹介していきます。

信頼できるサロンやクリニックを選ぶ

永久脱毛のリスクの多くは、サロンやクリニック側のカウンセリング不足や適当な施術によって引き起こされます。特に施術者に特別な資格がなくても脱毛できる、脱毛サロンの選び方には注意してください。

 

 

 

脱毛サロンは本来、出力できる光の強さなどがクリニックよりも弱くなっています。しかし効果を早めに出そうと出力を上げるなどの違法行為をし、その結果トラブルに…という事例が数多くあるようです。値段を重視してサロンを選びたくなる気持ちもわかりますが、自分が行こうとしている脱毛サロンの評判はどうなのか、事前にしっかりとチェックをしておくことが大切です。

不安な時は必ずスタッフに相談

自分の肌の状態や脱毛に関する不安点があれば、しっかりとエステサロンのスタッフに相談をしておきましょう。なのできちんと、カウンセリングを行ってくれるサロンやクリニックを選ぶことをおすすめします

 

 

 

永久脱毛は、アレルギーを持っていたり肌が弱い人でも光の強さなどを調整すれば、施術は可能な場合も多いです。自分の肌や体調に関する不安点があれば、しっかりとスタッフに施術前に相談をしましょう。まぁ大丈夫だろう…という思いが、永久脱毛のトラブルの多くを引き起こす原因となっています。

注意事項はしっかりと守る

永久脱毛をしている最中には、行ってはいけない禁止事項が存在します。代表的なものだと日焼け。レーザーや光脱毛で照射される光は、毛の黒い色素に反応して脱毛をしていきます。なので肌自体が黒くなってしまうと、施術中に強い痛みが出てしまったり火傷を引き起こす可能性があるのです。

 

 

 

いつもの癖でついうっかり、が大きなトラブルを引き起こす可能性もあります。クリニックやサロンでされた注意事項は、きちんと守るように心がけましょう。

嘘?本当?永久脱毛の安全性についての噂

 

 

永久脱毛をすると皮膚がんになる?

肌に強い光を照射するという方法から、レーザー脱毛や光脱毛は皮膚がんのリスクがあるのではないか、という噂があります。しかしこれらの脱毛で照射する光は赤外線であるため、皮膚がんの原因だと言われている紫外線とは全く別物。そういったリスクや事例の報告はされていないので、安心してください。

汗をかきやすくなる?

永久脱毛をした後、汗の量が増えたという声はとても多いです。しかしこれも医学的な根拠や研究結果は、いまのところ発表されていません。

 

 

 

恐らくこれは身体から出てきた汗をムダ毛が絡めとらなくなってしまったため、肌に汗が伝いやすくなり、それを汗が増えたと勘違いしているのではないかと言われています。

生理中は脱毛ができない?

生理中は非常に肌が敏感になっているため、VIOなどのデリケートゾーンは脱毛を断っている施設がほとんどです。他の部位であればOKとしているようですが、普段よりも肌トラブルが引き起こされる可能性が高くなるため、あまり推奨はされていないようですね。

 

 

 

恐らくスタッフの人からも、施術前にリスクなどの説明があるかと思います。照射する光の強さを弱くされてしまう場合もあるため、どうしてもその日ではないと都合がつかないという場合以外は、生理中の脱毛は控えた方が良いでしょう。

まとめ

 

永久脱毛の安全性について、あらゆる観点から徹底解説してきましたがいかがだったでしょうか。光の照射による永久脱毛は確立してからまだ年月が経っていないため、あらゆる憶測や悪いうわさが散見されます。

 

 

 

しかし自分でしっかりとリスクや注意点などを理解しておけば、決して怖いものではありません。これからのムダ毛のお手入れを楽なものにしていきたいのであれば、リスク以上に永久脱毛を行う価値は十分にあるといえるでしょう。